ハリアー手書きシリーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 175-時代の流れやでぇ

<<   作成日時 : 2010/08/22 23:30   >>

驚いた ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

雰囲気を何とな〜く伝えるために、色々としてきました。
例えば『リボンズ』の場合。「イメージは、大体こんな感じなんじゃない?」というのを、共通認識ってワケでもないけれど…まぁあるワケですね。

その一環として「彼女らが歌っている曲はどんなモノなのか?」というイメージも、色々と考えてみたりしました。
何となくハジけているぜってなノリで描写し、ワケのわからない歌詞をいくつか書いたりしました。


まさか曲がつくとは…

画像


ビックリしました。まさかなぁ…という感じです。
と、同時に少し考えてみたり。


歌詞というものを勉強したワケでも何でもなく、音楽に関しては専門的な事は一切知りません。
千早のPにはなれませんね。「勉強不足です!」って言われそうですね。
歌詞は小説や脚本とは違うワケですから、それ専用の「何か」みたいな特色がある…ハズですね。おそらく!

何も知らない人間が書いた歌詞でも、曲をつける事ができるのだというのが、最初のオドロキでした。
無理矢理に付けるってのもあるかもしれませんけれどw


曲を付けやすい歌詞。そういうのが、存在しているのでしょうか? う〜ん…
例えば、あるフレーズの歌い終わりの部分。
「あ〜♪」と終わるのか「お〜♪」と終わるのかで、イメージが違いますね。…わ、わかりにくいw

「こ〜の〜指に止まれ〜♪」だと、終わりが「え〜♪」ですよね。
「こ〜の〜指に止まる〜♪」だと、終わりが「う〜♪」になるので、何となく曲の雰囲気が変わったりしますね。しますよね? するのでは?

なんだか、そういう事を踏まえた上で、何かしらテーマやら一貫性やら雰囲気やらインパクトやら…色々と踏まえて書くものなのでは…?
うわっ! 難しいっ! 難しいでっ!




あとビックリしたのは、趣味で(こう言ってはアレだけれど)適当に書いた歌詞に、曲が付いた…。
生まれて初めてなワケですよ。「自分の書いた歌詞に曲が付く」というのは。
自分で、とかじゃなくて、誰かが。
しかも、歌詞に対してかなり適当なアレなのにw

コレってよく考えたら、凄い記念なのかもしれない…。そう考えると凄い時代である。
DTMでしたっけ? 高い機材が必要なく、曲を作成できる。作曲の苦労は変わらないものの、う〜む…すごい時代やでぇ。

時代の流れやでぇ…

画像


なにはともあれ…。あ、あざーっす…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
白雪の詩集から高らかなバラードとか生まれてくる予感
きりん
2010/08/23 01:25
詩集はやはり大声で情感たっぷりに朗読が痛くて素敵、多分耳から血が出て聞いてられないww
TT
2010/08/23 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

メッセージ

何か連絡事項がある際は、こちらのアドレスへ。
【 text.box03☆gmail.com 】
☆の部分を変えて下さい。
175-時代の流れやでぇ ハリアー手書きシリーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる